HOME > 合格者の声

合格者の声

山口大学 医学部医学科 現役合格  K.N.(下関西)

 英数ゼミナールは数学と英語の授業があり、原則に沿って教えて下さるのでとても分かりやすいです。
 数学の授業は、まず先生が解法を教えて下さり、それと類似した問題を解き、解けた人から黒板に書いていく方式です。友達の解き方を見ることで良い点を学ぶことができ、また自分の記述の悪いところを訂正して下さるので、短期間で、答えを導くだけでなく模試にも対応できる記述の仕方も身につけることができました。
 英語の授業は、予習をし、それに沿って授業で読解の方法を学ぶ方式です。私は東進を利用して文法・構文の基礎を固め、同時に授業で読解の方法を学ぶことで、英文を英語のまま理解することができるようになりました。
 また、学年全体で関わる機会があるので、学年関係なく仲が良いです。そのため、雰囲気が良く勉強しやすい環境です。私自身、分からないところを先輩に教えてもらって何度も助けてもらいました。逆に自分で教えることで自分の理解できていない部分に気づくことができました。また、様々な分野で活躍される先輩方の話を聞く機会があり、自分の目指す分野やそれ以外についても多くのことを知ることができました。
 英数ゼミナールは自分のペースで勉強ができ、また生徒同士の仲が良いため、切磋琢磨しながら楽しく勉強してこれたと思います。

九州大学 薬学部 現役合格  M.T.さん(敬愛)

 私は大学受験に中学校の成績は関係ないと思いますし、どこの高校に在籍しているかも関係ないと考えていますが、下関でいえば下関西に在籍していない生徒にとって大学受験の壁になるのは授業進度だと思います。私も下関西に在籍していなかったのでその点は受験直前になって身をもって感じました。英数ゼミナールでは授業は下関西のペースで進んで行きます。正直、英数ゼミナールと自分の学校の勉強を両立するのはきついことでしたが、食らいついていくことで大学受験に必要な力をつけることができました。もししっかりと英数ゼミナールと高校の勉強を両立することができたら、下関西の上位に食い込むような模試の点数を叩き出すことができますし、そうでなければ志望校合格は厳しいです。
 下関西の生徒にとってもそうかもしれませんが、そうでない生徒にとっても英数ゼミナールは大学受験に最適な環境が整っています。また、勉強以外でも先生や英数ゼミナールを卒業した先輩方のお話を聞いたりでき、大きく成長できたと考えています。

1

このページのトップへ